「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

平成28年度「伊勢志摩定住自立圏共生学」社会人履修生募集のご案内

皇學館大学では、平成26年度に採択されました「地(知)の拠点整備事業」において、三重県伊勢市及び同市を中心市として「伊勢志摩定住自立圏」を形成する2市5町(鳥羽市、志摩市、度会郡玉城町、度会郡度会町、度会郡大紀町、度会郡南伊勢町、多気郡明和町)の自治体と連携し、「地域の定住機能の新たな在り方を自らの課題として捉え行動できるアクティブ・シチズンの育成」のための教育プログラム作りに取り組んでいます。
本事業で開発した教育プログラムは、平成27年4月より順次本学の学部学生に開講して参りますが、開発したプログラムのうち、次の2科目については、社会人の方も受講していただけます。

社会人受講生を募集する科目
  • 「伊勢志摩定住自立圏共生学」(科目Ⅲ):「1・2・3次産業基本論」
  • 「伊勢志摩定住自立圏共生学」(科目Ⅳ):「6次産業化実践論」
科目名 目的
(科目Ⅲ)
1・2・3次産業基本論
圏域の1・2・3次産業の基本(地域資源利用、加工、流通販売、メニュー開発、新事業創出、経営管理)を理解する。
(科目Ⅳ)
6次産業化実践論
6次産業化実践例、実践方法等(コミュニケーション・プレゼンテーション、事業戦略・マーケティング、6次産業化概論、6次産業化ケーススタディ、海外・実践)について理解する。

授業は、農林水産省の「新事業創出人材育成事業」で株式会社三菱総合研究所が開発した教材をベースにして、株式会社三重銀総研常務取締役コンサルティング部長 伊藤 公昭 氏、調査部副部長 別府 孝文 氏が担当します。

対象者

  • 本学と連携する自治体職員
  • 本学と連携する自治体に居住し、農林水産業・6次産業・観光産業等地域振興産業に従事されている方
  • 本学と連携する自治体に居住し、農林水産業・6次産業・観光産業等を支援する機関・団体に勤められている方
  • 本学と連携する自治体に居住し、今後6次産業事業を始めたいと考えておられる方

募集期間

平成28年2月22日(月)~平成28年5月27日(金)

※募集締切後、応募書類によって選考の上受講許可者を決定します(6月下旬予定)。

募集人数

10名程度

受講料

免除(教材費等実費を頂く場合もあります)。

※詳細は「伊勢志摩定住自立圏共生学」社会人履修生募集要項をご覧ください。

募集要項及び出願書類

以下ファイルをご確認ください。

科目の学修内容等

科目Ⅲ:「1・2・3次産業基本論」/半期・2単位
授業日時:秋学期(9月21日~1月18日)の隔週水曜日4・5時限(14:40~17:50)
学修内容(予定)
1 地域資源利用1「農林水産業の現状と地域産業振興Ⅰ(農業)」
2 地域資源利用2「農林水産業の現状と地域産業振興Ⅱ(林業)」
3 地域資源利用3「農林水産業の現状と地域産業振興Ⅲ(水産業)」
4 地域資源利用4「農林水産業のトピックと関連組織・産業」
5 加工1「食品加工論」
6 加工2「食品の栄養機能/安全衛生管理」
7 生産・加工・流通 1「フードシステム論Ⅰ」
8 生産・加工・流通 1「フードシステム論Ⅱ」
9 メニュー開発 「フードコーディネート論」
10 新事業創出「物質・エネルギー利用型地域資源利用論」
11 新事業創出「地域資源利用とツーリズムⅠ」
12 新事業創出「地域資源利用とツーリズムⅡ」
13 新事業創出「地方創生と農林水産業」
14 今後を展望するキーワード
15 まとめ
科目Ⅳ:「6次産業化実践論」/半期・2単位
授業日時:秋学期(9月21日~1月18日)の隔週水曜日4・5時限(14:40~17:50)
学修内容(予定)
1 ガイダンス「6次産業化とは」
2 1次産業が抱える問題点
3 6次産業化の現状
4 外部環境認識
5 顧客満足
6 マーケティングⅠ「基礎知識」
7 マーケティングⅡ「事例に学ぶ」
8 行政機関の支援策
9 会計の基礎知識
10 「地域団体商標制度」と「地理的表示保護制度」について
11 「総合化事業計画の作成」「プレゼンテーションの仕方」
12 三重県内及び国内の取組事例
13 「TPPについて」「農業・6次産業化の輸出事例」
14 当地における6次産業化のブランディング
15 まとめ

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook