「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

JA伊勢「青ねぎ・いちご」プロジェクト

ねぎいちご ねぎイチゴ説明会

■活動開始年:平成29年~

■キーワード:農業,加工品開発,情報発信

   伊勢市内では四季折々、様々な農産物(青ねぎ、いちご、トマト、ミニトマト、蓮台寺柿、かぼちゃなど)が栽培されています。今回は、その中からJA伊勢の主力品目である青ねぎ、いちごを利用した特色・魅力のある加工品を開発し、マーケティングを行っていきます。
 【青ねぎ】
 商品化される過程において、たくさんの規格外品が発生する。その規格外品利用に取組みたい。
【いちご】
 気温が上昇する5月以降、加工用いちごの出荷が最盛期を迎える。現在はジャム用として活用しているが、新たな加工品開発に取組みたい。

■活動地域・拠点:伊勢市

■担当教員:遠藤 司(現代日本社会学部)

■関連団体:伊勢農業協同組合

■WEB:なし

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook