「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

若者へのゴミ分別啓発!!

 

 

 

 

 

 

 

■活動開始年:令和元年~

■キーワード:ごみ分別、アプリ、若者、活動計画立案・作成

 宇治山田商業高等学校情報処理科の生徒と伊勢市が共同で開発した、ごみ分別検索アプリ「5374.jp 伊勢市版」、ごみ分別を楽しく学べるアプリ「5374Q(クイズ)」などを使い、高校生と大学生が一緒になって有効な啓発活動の方法を検討し、皇學館大学の『倉陵祭』で、学生らへごみの分別や減量化の啓発を行う。
 さらに、『倉陵祭』での活動後、11月に三者(伊勢市・高校生・大学生)による反省会、報告書作成、今後のごみの分別や減量化の啓発活動計画案作成等を行う。

■活動地域・拠点:玉城町

■担当教員:筒井 琢磨(現代日本社会学部)

■関連団体:伊勢市環境生活部清掃課

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook