「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

2017年1月

CLL活動紹介記事をアップしました!(子供・お年寄向けの「ごみ分別ガイドブック」作成事業・次世代協働プロジェクト「Team S3」)

CLL活動紹介記事をアップしました!

子供・お年寄向けの「ごみ分別ガイドブック」作成事業
次世代協働プロジェクト「Team S3」

皇學館大学CLL活動についてはこちらをご覧ください。

CLL活動紹介記事をアップしました!(大紀町漁業活性化プロジェクト・国崎二船祭)

CLL活動紹介記事をアップしました!

大紀町漁業活性化プロジェクト
国崎二船祭プログラム

皇學館大学CLL活動についてはこちらをご覧ください。

CLL活動紹介記事をアップしました!(度会カフェリョク・伊勢シーパラダイス、リニューアルプロジェクト・南伊勢町ドローン防災プロジェクト)

CLL活動紹介記事をアップしました!

度会カフェリョクプロジェクト
伊勢シーパラダイス、リニューアルプロジェクト
南伊勢町ドローン防災プロジェクト

皇學館大学CLL活動についてはこちらをご覧ください。

大紀町漁業活性化プロジェクト

taikichou1_2a taikichou_2a

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:地方創生、六次産業、漁業

 県内有数の大紀町錦漁港は定置網によるブリ漁の他、鯛やブリの養殖が盛んで、漁協メンバーが設立した「魚々錦会(とときんかい)」を中心に「錦」ブランドを使った販路拡大を取り組んでいます。この活動では、錦地区自体の魅力や豊富な海産物資源の存在を全国に知ってもらうため、フィールドワークで養殖場や市場を見学したり、錦地区を歩き回って住民の皆さんと会話したりして、その魅力を体感します。
 また、ブリや鯛、地元以外ではあまり知られていない海藻のヒロメを使った料理を試食し、食材を活かした新たな情報発信について、グループワークを通じて斬新なアイデアを提案していきます。

■活動地域・拠点:大紀町

■指導教員:筒井 琢磨(現代日本社会学部)

■関連団体:大紀町漁業活性化推進協議会

■WEB:なし

 

国崎二船祭プログラム

kuzaki_102 kuzaki_2

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:地域資源、祭礼、担い手支援、行事の記録

 海士潜女神社(大田清博宮司)の祭礼である二船祭について、参加の企画、記録を中心にした活動を行います。同祭は里谷と海間谷の地区対抗による競漕で、里谷が勝てばボラが、海間谷が勝てばイワシが豊漁になるという言い伝えがあります。
 近年の若者流出で祭自体が中止になることも多く、平成25年にも本学の学生が協力した実績もあります。
 今回は、乗り手としては「うまれ」「いまれ」と称される禁忌が生じた際の補欠ですが、今後の若者の参画や本学学生を中心に他地域からの受入れなどについて企画に当たり、記録を作成する活動を行います。

■活動地域・拠点:鳥羽市

■指導教員:齋藤 平(教育開発センター)

■関連団体:鳥羽市国崎町町内会

■WEB:なし

伊勢シーパラダイス、リニューアルプロジェクト

seapara_2a seapara_01a seapara_3a

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:イベント企画・立案、観光、PDCAサイクル

 伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスと、付随するショッピングプラザのリニューアルプロジェクトにおいて、イベントの企画や水族館PR企画へ参画します。
 企画の立案から実行、そして結果分析することによって次回への改善案を提案する等、社会に出た際に即戦力になれる人材を目指して活動していきます。

■活動地域・拠点:伊勢市

■指導教員:池山 敦(教育開発センター)

■関連団体:(株)伊勢夫婦岩パラダイス

■WEB:http://ise-seaparadise.com/

度会カフェリョクプロジェクト

 

watarai_1awatarai_2a

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:伊勢茶 度会 地域活性化

 東京都内のカフェ(目標23店舗)で伊勢茶を使用したメニューを展開するにあたり、皇學館大学の地域社会研究会の学生を中心に伊勢茶のPR事業を開始しました。第1回では喜多製茶さんの工場で製茶方法や本格的なお茶の入れ方を学び、伊勢茶と合う料理や食べ方を提案しました。第2回では伊勢茶のイメージや作成されたポスター、PR方法について検討しました。第3回も開催予定です。
 次年度はさらに広げた活動を度会町とともに展開することで、より多くの人に度会町や伊勢茶の魅力を知ってもらい、また地域活性化を図っていきたいと思っています。

■活動地域・拠点:度会町

■指導教員:藤井 恭子(現代日本社会学部)

■関連団体:度会町役場

■WEB:なし

次世代協働プロジェクト「Team S3」

TeamS

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:里海、地域資源、課題解決

昨年度、MOTANI屋メンバー(参照:平成27年度CLL活動 http://coc.kogakkan-u.ac.jp/cll/551/)が、志摩のファンを増やすために何ができるかをまち巡りや人との出会いを重ねながら模索し、その結果「志摩乃あられ」読本」が生まれました。
今年度は、「TeamS³」と名称を改め、志摩乃あられを世界に売り出すこと、また新たな志摩の魅力を見つけることを通して、引き続き志摩のファンを増やしていく活動を行っていきます。

■活動地域・拠点:志摩市

■指導教員:齋藤 平(教育開発センター)

■関連団体:志摩市農林水産部里海推進室

■WEB:なし

子供・お年寄向けの「ごみ分別ガイドブック」作成事業」

 bunnbetu_1

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:ごみ分別、こども対象、お年寄対象、紙面づくり

 伊勢市「ごみ分別ガイドブック」(平成28年10月1日付配布)をこども向け・お年寄り向けに、さらにわかりやすい簡易版のガイドブックを作成していきます。「使いやすい」、「分かりやすい」にポイントを置いて、こども・お年寄がごみの分別をしやすいと思える冊子づくりを目指します。

■活動地域・拠点:伊勢市

■指導教員:齋藤 平(教育開発センター)

■関連団体:伊勢市環境生活部清掃課

■WEB:なし

 

 

 

 

 

 

南伊勢町ドローン防災プロジェクト

DCIM109MEDIADJI_0628.JPGminamiisebousai

■活動開始年:平成28年~

■キーワード:UAV(ドローン),地域防災,避難・防災マップ,南伊勢町

 南伊勢町では、南海トラフ地震による津波への各種対策が進められています。これらの一環として、本プロジェクトではドローンを活用し、特に災害弱者である高齢者や児童向けの避難行動や防災意識の醸成などを目指します。

<具体的な活動内容>
1)高齢者・児童向けのよりわかりやすい防災マップの構築や地域の自然特性理解のための資料をドローンによって情報収集する。

2) 1)で収集された地形や集落の構造などの地理学的特性に基づき災害弱者向け防災マップやポスターなどを作成、イベント・ワークショップなどを通じた周知活動へ参画する。

■活動地域・拠点:南伊勢町

■指導教員:近藤 玲介(教育開発センター)

■関連団体:南伊勢町役場

■WEB:なし

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook