「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

平成26年度地(知)の拠点整備事業で採択された本事業では、伊勢志摩圏域の3市5町が参画する「伊勢志摩定住自立圏共生ビジョン」の課題を踏まえ、圏域の歴史文化観光資源、自然環境定住資源、地域経済・産業等を活かした総合学修プログラム『伊勢志摩定住自立圏共生学』(4科目)を開発し、学部学生が主体的に地域資源や圏域の現況と課題を学び、その中で圏域内自治体職員や職業人と協働して、新事業創出(6次産業化)の方法等について学修できる新たな教育課程を構築します。

また、基盤的学修となる現在の1年次全学必修「伊勢学」を改善し、圏域の資源や課題を学ぶ全学必修「伊勢志摩共生学」(2単位)に拡充します。
さらに「地域課題学修支援室」を整備し、圏域をフィールドにした実習科目「伊勢志摩共生学実習(地域インターンシップ)A~D」(各1単位)を新設します。学生のアクティブ・ラーニングを促すこの実習科目では、学生は、1)歴史文化観光資源領域/2)自然環境定住資源領域/3)地域経済・産業領域/4)地域福祉・教育資源領域、という4つの領域に関連して、夏季休暇中に圏域の市町からエリアを選んで、3泊4日程度地域で寝泊りしながら、自治体職員や住民とともに地域の社会サービス等を経験します(平成28年度より実施予定)。
また、各学科専門科目と圏域の課題解決学修の総合化を図る「プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ」(4単位×2/3・4年次)を開設します。

教育効果



養成する人材像

地域の定住機能の新たな在り方を自らの課題として捉え
行動できるアクティブ・シチズンの養成

~特に将来、1次産業関連事業やいわゆる6次産業、観光業、行政職等、その他地域振興事業に情熱と意欲をもって従事するアクティブ・シチズンの養成~

【養成する人材像】

  • 生涯学び続け、主体的に考え、市民として行動できる人材
  • イノベーションを創出する人材、地域再生の核となる人材
  • 異なる言語、世代、立場を超えてコミュニケーションできる人材

教育プログラム開発

「伊勢志摩定住自立圏共生学」科目Ⅰ、科目Ⅱ、科目Ⅲ、科目Ⅳ(全学共通科目)

「伊勢志摩共生学」(全学共通科目<必修>)

「伊勢志摩共生学実習(地域インターンシップ)A~D」(全学共通科目)

プログラム開発組織

「伊勢志摩定住自立圏共生学 運営会議」

開発スケジュール

開発スケジュール

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook