「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

カリキュラムマップ

目 的 科目名 1年次 2年次 3年次 4年次
基盤的学修として、『伊勢志摩定住自立圏共生ビジョン』に基づいた14テーマを設定しながら圏域の資源や課題の概要を学修する。 伊勢志摩共生学              
圏域をフィールドにして、1)歴史文化観光資源領域、2)自然環境定住資源領域、3)地域経済・産業領域、4)地域福祉・教育資源領域という4領域に関連して、自治体職員や住民とともに地域の社会サービス等を経験する。 伊勢志摩共生学実習(地域インターンシップ)A~D            
圏域の歴史文化観光資源、定住環境資源の現況を理解し、その活用や情報発信等に関する課題解決について学ぶ。 伊勢志摩定住自立圏共生学 (Ⅰ)
伊勢志摩圏域の定住資源と将来像
             
圏域の地域経済・産業の現況を理解し、人材養成や雇用環境等に関する課題解決について学ぶ。 (Ⅱ)
伊勢志摩圏域の経済・産業と将来像
             
圏域の1・2・3次産業の基本(地域資源利用・加工・流通販売・メニュー開発・新事業創出・経営管理など)を理解する。 (Ⅲ)
1・2・3次産業基本論
             
6次産業化実践例、実践方法等(コミュニケーション・プレゼンテーション、事業戦略・マーケティング、6次産業化概論、6次産業化ケーススタディ、海外展開・実践)について理解する。 (Ⅳ)
6次産業化実践論
             
学生各自の専門領域と圏域の課題を結びつけて卒業研究を行う。 プロジェクト研究Ⅰ            
プロジェクト研究Ⅱ            
3市5町に設けられたコミュニティ・ラーニング・ラボを拠点にして、地域で活動する様々な人・企業・行政・団体・NPO等との対話、連携、協働経験を通じて、地域でのコミュニケーション手法を学ぶ。 【課外活動】
CLL活動
在学中のCLL活動については、活動受入先の活動証明をもとに、COC実施本部長(学長)名で「地域貢献活動時間証明書」を交付する。

伊勢志摩定住自立圏共生ビジョンにおける
圏域の課題と本教育プログラムにおける学修分野

  1. 生活機能の強化
    産業振興:商工業の振興、農林漁業の振興、観光の振興
  2. ネットワークの強化
    地産地消の推進及び地場産品のPR、地域情報の共有化及び発信
  3. 圏域マネジメント能力の強化
    人材育成:圏域市町職員・教職員の人材育成、圏域内人材の育成

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook