「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

取組の概要

平成26年度地(知)の拠点整備事業で採択された本事業では、伊勢志摩圏域の3市5町が参画する「伊勢志摩定住自立圏共生ビジョン」の課題を踏まえ、圏域の歴史文化観光資源、自然環境定住資源、地域経済・産業等を活かした総合学修プログラム『伊勢志摩定住自立圏共生学』(4科目)を開発し、学部学生が主体的に地域資源や圏域の現況と課題を学び、その中で圏域内自治体職員や職業人と協働して、新事業創出(6次産業化)の方法等について学修できる新たな教育課程の構築をめざします。
また、基盤的学修となる現在の1年次全学必修「伊勢学」を改善し、圏域の資源や課題を学ぶ全学必修「伊勢志摩共生学」(2単位)に拡充します。さらに「地域課題学修支援室」を整備し、圏域をフィールドにした実習科目(1単位)の新設実施、および、各学科専門科目と圏域の課題解決学修の総合化を図る「プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ」(4単位×2/3・4年次)を開設します。

事業の目的

本事業の全体の目的は、地域の定住機能の新たな在り方を自らの課題として捉え行動できるアクティブ・シチズンの育成とそのためのカリキュラム改革・学士課程教育の質的転換であり、具体的には以下の通りです。

Ⅰ. 教育
大学、自治体及び産業界が、各々が有する異なる教育資源を補完し合って、圏域の将来問題を多面的に捉え主体的に行動できる人材養成のための教育プログラムを協働して開発し、学部学生や自治体職員・産業従事者に対してプログラムを実際に運用することを通じて、伊勢志摩定住自立圏全体で人口定住のために必要な生活機能を確保し、地域の活性化と発展を図ります。このような取組みは、他の地方大学・短大や自治体・産業界等にとっても必ず利用可能な実践事例となることが期待できます。
Ⅱ. 研究等
圏域自治体の「生活機能の強化」、「ネットワークの強化」、「圏域マネジメント能力の強化」に関して、1)歴史文化観光資源領域/2)自然環境定住資源領域/3)地域経済・産業領域/4)地域福祉・教育資源領域、この4つの領域をプロジェクト研究の当面のフレームワークとし、学部・学科等の専門領域を超えて学際的に対応します。「伊勢志摩定住自立圏共生学」運営会議や圏域各エリアでのCOC活動拠点CLLでの事業推進活動を通じて得られた定住自立圏共生ビジョンに沿った個別・具体の研究課題に取り組むことで、圏域の定住自立機能の新たな在り方を推進することができます。
Ⅲ. 社会貢献
「地域連携推進室」が、本事業において自治体・産業界等との連携協定に基づく社会貢献事業を一体的に管理及び推進することにより、1)歴史文化観光資源領域/2)自然環境定住資源領域/3)地域経済・産業領域/4)地域福祉・教育資源領域、この4つの領域における学生及び教員による地域貢献活動件数や参加人数を向上させるとともに、三重県内の企業・団体等へのインターンシップ派遣企業数・派遣学生数をも向上させることで、地域への定住を促し、地域再生・活性化を推進することができます。
Ⅳ. 全体
本事業で開発した『伊勢志摩定住自立圏共生学』を学部横断的な副専攻プログラムとして教育課程の中に位置づけることにより地域志向大学としての教育改革・ガバナンス改革を推進します。このことにより学生は、所属する各学部の専門科目を学びつつ、伊勢志摩圏域の現況・課題・将来ビジョンを社会人と協働して実践的に学び、卒業後圏域に定住してその将来を担う人材として成長し、地域産業界・行政機関・教育界等で活躍することが期待できます。また、同プログラムを社会人に対しては履修証明プログラムとして活用することで、地域振興に取り組む社会人の学び直しの機会を提供する計画です。

資料

大きな画像で見る

連携自治体

伊勢市、鳥羽市、志摩市、度会郡玉城町、度会郡度会町、度会郡大紀町、度会郡南伊勢町、多気郡明和町の3市5町

補助期間

平成26年度~平成30年度(5年間)

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook