「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成

あばばい ~ 伊勢志摩国立公園 学生部会 ~

あばばい 写真2_1 9月1日_171004_0005_1


■活動開始年:平成27年~

■キーワード:伊勢志摩国立公園,観光,ナショナルパーク

 三重県では、伊勢市、鳥羽市、志摩市、南伊勢町、各省庁、交通事業者等と「伊勢志摩国立公園地域協議会」を設立し、2020年までに伊勢志摩国立公園の外国人利用者を現状の3倍に押し上げるための取組を記載した「伊勢志摩国立公園ステップアッププログラム2020」を、平成28年12月に制定しました。
 プログラムに基づき、景観の保全、各サービスのクオリティの向上、地域で生活する人々の機運醸成等を行うことにより、伊勢志摩国立公園を世界水準のナショナルパークとし、100年後にも美しく、世界の人が旅行の目的地に選ぶ伊勢志摩国立公園を目指します。

■活動地域・拠点:志摩市

■担当教員:板井 正斉(教育開発センター)

■関連団体:三重県農林水産部みどり共生推進課

■WEB:なし

平成26年度採択 文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業) 「伊勢志摩定住自立圏共生学」教育プログラムによる地域人材育成皇學館大学COC Facebook